Imutaka Tumblr
小林豊(仮面ライダーバロン/戒斗役)伝説

・スポーツ誌に「 アクションが苦手なライダー 」と紹介される
・アクションシーンの撮影をするごとに必ずどこかしら怪我をする
 (本人曰く ワンアクション・ワン怪我 )
・小林にとっては歩くのも「アクション」
・ヘルヘイムの森を歩くだけのシーンの撮影で、 6歩歩く間に両足とも挫いた
・佐野岳曰く、「ダンスでところどころ足が上がっていない」
・クイズ番組に出演した際に、 「杵(きね)」のことを「キヌ!キヌ!」と連呼する
・県名を答える問題で「名古屋!」と自身満々に答える
・4歳年下の佐野岳に「あいつは 24歳とは思えないほどキャピキャピしてる 」といわれる
・Q.「お好み焼きに欠かせないものは?」 小林「キムチ」
・普段はふわふわしている
・戒斗を演じる時は死にそうになりながら男気を出している
・自分の中の男気は3%くらいしかない。
・一人称は「ぼく」
・佐野「俺は何も言われないのに豊はちょっと高いところから飛び降りただけで拍手される」
 (佐野岳は紘汰を演じる際、超絶生身アクションをこなしている。)
・紘汰・光実・貴虎役のキャスト3人と一緒に焼肉に行ったら、自分はひたすら肉を焼く係に
 そうする理由は本人曰く、「みんなに食べてもらって大きくなってほしいから」
・地声は戒斗よりかなり高めで、話し方も舌ったらずで戒斗の面影が全くないため、
 ラジオ出演の際に「 この声バロンですからね! 」と2回念を押す
 そしてその喋り方を「今 長州小力さんみたいになってたよ」とツッコまれる 
 


・撮影現場で「今日は足が上がりそう!」と思って共演者(確か佐野君)にハイキックを
 披露しようとしたら、勢い余って後ろに転んだ。
・所属グループの冠番組の企画で自転車に乗った際、
 漕ぎ出す瞬間に反対側のペダルが足に当たる。
 漕ぎ出したら今度はブレーキの位置が分からず、転びかけた。
・「唯一」嫌いな食べ物が「バナナ」 仮面ライダーバロンなのに。



62 : 不知火(愛知県)@\(^o^)/:2014/07/21(月) 10:18:59.39 ID:bmigSsmk0.net
・その小林豊をして「役のイメージと違ってぽわぽわしていてかわいい」
 と言わしめている佃井皆美(仮面ライダーマリカ/湊さんの中の人)
「箸置きを使ってほしいんです。
 そして、ゆっくり食べてほしいんですね。
 一口食べたら、箸を置く。
 それを気づかせるための道具が、箸置きです。
 つまり、懐石料理の食べ方っていうのが
 ほんとうにベストです。
 最初に八寸とか先付とか出て来て、
 いちばん最後に炭水化物が出てきますよね」 はい、ごはんが、最後にほんのちょっとだけ! 「ちょっとだけって(笑)!
 ああいう食べ方がベストなんですよ。
 日本が世界の最長寿国だっていう背景には、
 日本のライフスタイルっていうのがあった。
 箸置きがあって、順番にいただくということですね。
 そうすると、いきなり血糖値は上がらない。
 いちばん最後に炭水化物を食べ、
 徐々に血糖値を上げていく食事の仕方ですね」 先生‥‥反省しきりです。
いま名簿売るんなら、新宿の集団昏倒騒ぎの明大サークルだよね。アレが「事件性なし」になっちゃうくらいの偉いパパを持つ坊っちゃんがいた気配濃厚だもん。
プログラマの生産性は20倍 という表現がマズイのではないか?と思い始めている。20倍なら20人雇えばいいよねとなる。   しかし、実際のプログラマの生産性は ピアノを引くようなものだ。   猫ふんじゃったならだれでも引ける。 だけれども、 そのレベルの人を500人集めても、ショパンは引けない。 ショパンを引きたければ、ショパンを引けるピアニストを連れてくるしかない。 一人か二人で十分。

»1 
パレスチナ人の被害者が出ている最中、
イスラエルの政治家が『テロリストを生むパレスチナの母親を殺せ!』って発言してるのに、
国連人権委員でイスラエル人が日本のヘイトスピーチは異常!って言ってるっていうね。

なんのジョークだよ。

【悲報】パン君、勇気を出して起こなったイスラエル停戦要請、完全無視され相手にされず!さらに法則でオバマも巻き込まれるwwwww
http://crx7601.com/archives/39921535.html (via ashzashwash)

日本人が優しいのは遺伝子に原因があったのではないか


だから、多くの国で、自分の友人や親族の誰かが殺された経験を持っている。

女性も、殴られたり、レイプされたりする率は非常に高い。その殺され方も日本人が見ると、想像できないほどの残虐性である。だから、多くの外国人女性が日本にやってきて、日本の治安の良さに驚嘆する。

「いったい、日本はなぜこんなに治安が良いのか?」

日本がこれほどまで治安が良いのは、いろいろな説があるが、端的に言えば、日本人が穏やかで優しい民族だからである。

では、なぜ日本人は穏やかで優しいのか。

日本人は文化や風習や自制心によって、その優しさを磨いてきたという説もあった。

最近になって、日本人が優しいのは遺伝子に原因があったのではないかという説が有力視されつつある。

1996年11月、オーストリアのザルツブルク大学の科学者が、「セロトニントランスポーター遺伝子」というものを発見した。

これは、セロトニンの伝達に関連する情報が書き込まれた遺伝子なのだが、この遺伝子は、恐怖を強く感じるか、それほど感じないかを司る遺伝子だったのだ。

この遺伝子の組み合わせによって、人は恐怖を強く感じたり、それほど感じなかったりするのである。これが、人種によって違っているのが明らかになった。

image
世界では何かあると暴動や暴力や破壊が発生する。日本でも暴動が起きてもおかしくない案件が山ほどあるが、ほとんどの日本人は我慢する。

日本人は圧倒的なまでにSS型で占められている


「セロトニントランスポーター遺伝子」のタイプは3つあったのだが、この3つのタイプで恐怖を感じる度合いが違ってくるのである。

3つのタイプとは以下のものである。

LL型 恐怖に鈍感
SL型 恐怖に中立
SS型 恐怖に敏感

人種によって、どのタイプが多いのか分布がまったく違っていることが分かっている。恐怖に敏感なSS型が、その人種でどれくらいの割合で存在しているのかを調べたデータがあるようだが、それによると、以下のようになっていたという。

南アフリカ人 32%
ドイツ人 64%
インド人 67%
日本人 97%

日本人は圧倒的なまでにSS型で占められている。ほとんど全員がSS型と言ってもいいほどだ。

恐怖に敏感であるということは、悪いことのように見えるが、実は厳しい環境の中で生き残るためには欠かせない重要な要素である。

恐怖があるから、慎重になり、それゆえに生き残りやすい。また、環境の変化に敏感で、トラブルが起きる前に回避してしまう行動を起こすから、結果的に社会は安定したものになる。

つまり、優しい社会になる。

このSS型が世界で最も多いのが日本人であるとすると、日本人は、遺伝子レベルで優しさが組み込まれていたということになる。日本人の優しさは、先天的なものであり、天性のものだったのである。

image
2011年3月11日の東日本大震災という未曾有の震災に見舞われても、略奪も暴動も起きず、日本人同士で助け合った。震災よりも、日本人の態度に世界は驚いた。

集団で相手と対抗するというのは、重要な知恵だった


「セロトニントランスポーター遺伝子」のSS型が多いというのは、個体としては弱いということを意味する。

恐怖を感じやすいというのは、すなわち激しい主張、激しい暴力、激しい対立、激しい交渉は苦手だということだ。それは日本人の社会を見ても納得できるものがある。

諸外国の厚かましさは、日本人から見れば想像すらできない「野蛮な世界の住民」にしか見えない。

インド人はSS型が67%だから、優しい人も意外に多いように見えるが、日本人から見ると、そのインド人ですらも野蛮人か原始人のように見える人が多い。

それほど、日本人は優しい。

だから、この弱さを克服するために、いろいろな方法が日本では考え出された。集団を作り、常に集団で相手と対抗するというのは、その中でも最も重要な知恵だった。

個人と個人なら、どうしても勝てない。しかし、個人と集団であれば、集団の数が大きければ大きいほど勝てる。

日本人が集団で生きるのが当然のように考えるのは、逆に言えば集団でなければ勝てないことを自覚しているからだ。

この集団は、互いに気配りするために非常にまとまりが強い。長期に渡って、ひとつの目標に向かって進むことができる。だから、集団になった日本人は異常に強い。

集団になった日本人の強さは時に伝説を生み出すのは、日本人ひとりひとりが弱さを克服するための集団であることを意識しているからだ。

逆に言えば、集団から外れて、ただの個人となった日本人は、とても弱い可能性が高い。

日本に自営業の人が外国に比べて少ないのも、個人であることの弱さを認識しているからであると言える。

そんな世の中で、もし日本人のあなたが一匹狼として生きるのであれば、個体としての弱さを克服するために、何らかの知恵が必要になるということだ。

そうしないと、一方的にやられてしまう可能性がある。

日本人が優しく、個人が弱いのは、遺伝子に原因があった? (via sqiz)

(via book-cat)

いまだに勘違いしてる人がいるんだけど脱法ハーブってアレ未知の成分を含んだ葉っぱなわけじゃなくてその辺の道端に生えてる葉っぱ乾燥させて薬剤ふりかけてあるだけだからな?
「デスマーチ」のようなものは建設業ではほとんど起きないそうである。それはやっぱり工事現場だとものが出来ていくのが見えているので、ヤバい問題はわりと早く発見できるかららしい。結局、問題を可視化して、早期に問題を発見し、早め早めに手を打つということらしい。
「ZIP」を観ていたら、犯罪学の教授が「不審者は見た目じゃわからないから『人間』に気をつけてもだめ。襲われやすい『場所』を避けること」といっていて、これはもっと強調するべきだと思いました。
退屈がないところにアルコールがはいり込むすき間はない。アルコールは空白の時間を嗅ぎ当てると迷わずそこにすべり込んでくる。
———
「教養」のない人間には酒を飲むことくらいしか残されていない。「教養」とは学歴のことではなく、「一人で時間をつぶせる技術」のことでもある。
今夜、すべてのバーで p.52、p.132 (via izumiumi) (via nemoi) (via jacony) (via petapeta) (via aun-059) (via dj-satosato) (via naoquixote)
2009-07-13 (via gkojay) (via usaginobike) (via usaginobike) (via it-shine-reading) (via usaginobike) (via mekarauroko) (via kimagurefilm) (via hanemimi) (via nanashino) (via hanemimi) (via 2011-11) (via 2011-11) (via odakin) (via yasufumic) (via deli-hell-me) (via overhilowsee)